夜空
yozorax.exblog.jp
Top ;Log-in
・・ <   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧 ・・
2013年 12月 28日
仕事が激務の時期に入りました。

過去の良さそうな写真をあさってみました。



特にハワイ、オワフ島から良いと思う写真が出てきました。


今年1年間ありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします。


皆様、良いお年をお迎えください。


d0073620_1747096.jpg
d0073620_1747857.jpg
d0073620_17471530.jpg
d0073620_174721100.jpg
d0073620_1747263.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ 最近写真を撮ってないです。 たまには撮ります。
2013年 12月 25日
お久しぶりの更新になってしまいました。



自分の時間はまったりと過ごしています。
仕事の方は来年は動きがありそうな予感。


まったりとクリスマスを過ごしています。
クリスマスはあと1時間弱で終わり、
クリスマスプレゼントでもありませんが
今年11月1日のしらびそ高原の星空です。



d0073620_2345399.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ この星空はこの場所に行けば最近のデジタル一眼レフカメラと魚眼レンズ、三脚だけでも撮れるんですよ。




クリスマスということでこの画像と同じような写真を撮りたい
天体写真ビギナーさんへレシピを載せておきます。
(この時の撮影とはすべて同じ条件ではありません)


用意するもの
三脚、デジタル一眼レフカメラ、なるべく広角なF2.8以下のレンズ。


撮影場所

暗くて星がよく見える場所 (基本的に高度が高いと良いです)
*しらびそ高原は冬季通行止めです。 


現場準備&撮影編

◯ 天の川と風景の構図を決めて一眼レフカメラを三脚に固定。
◯ カメラの設定をISO6400、シャッター速度を30秒、絞りを開放値(F2.8など)、
レンズのフォーカスをマニュアルに設定、ピントを無限大(∞)にする。
ソフトフォーカスフィルターを装着(無ければ撮影時レンズ面を軽く曇らせる)
RAW画質で30秒のシャッターを切る。できれば、連続して6枚くらい撮影しておきます。


Photoshop画像処理編

◯ Camera Rawで開きホワイトバランスを整え、レンズ補正で周辺減光補正
色調整→ブルー、レッドの強調、露光調整等。
◯ Photoshop、16bitで開き、複数枚を星の位置調整しながらレイヤー上で重ねる。
レイヤーの不透明度を70%×1、50%×2、33%×1、13%×1枚等にして
重ねあわせすることでノイズの低減が図れます。
◯ 1枚画像にした後、イメージ→モード→32bitイメージで露光調整後16bitに戻して
レベル補正を切り詰め、トーンカーブで調整。 色相・彩度を調整で出来上がり。

1枚画像でPhotoshopが無い場合はレベル補正とトーンカーブ補正で、
無補正とは見違える画像に仕上がります。



綺麗な画像に仕上げる編

*1 画像処理で重要なのはレベル補正。 ハイライトと中間層を切り詰めることで
締りが全く変わってきます。
*2 高感度ノイズの低減となめらかな写真表現には何枚も画像を
重ね合わせること(コンポジット)が重要。
その際、Photoshopの場合はレイヤーの不透明度を変えて重ねあわせるのが簡単。





Camera : Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2
Lens : SIGMA15mm F2.8 EX DG Diagonal Fisheye 
Accessory : LEE軟焦点効果用フィルター ソフト No.3 / TC80-N3
固定撮影  1枚もの
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon