夜空
yozorax.exblog.jp
Top ;Log-in
・・ <   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧 ・・
・・ 馬頭星雲 ・・
2013年 11月 11日
台風30号。 現在はかろうじて台風です。

フィリピン中部を上陸するときの気圧は実に895hPaでした。
確か最大風速65m、最大瞬間風速90mだったと思います。
私が天気図で見たときはフィリピン中部を横断中でした。
その時も気圧は920hPaだったと思います。
猛烈な勢力の台風でした。
その時に思ったことは犠牲者が数千人規模にのぼるのではないかも? でした。

数日経って被災地の全貌が徐々に明らかになっています。
現在は死者数百人ですが、実際の犠牲者は1万人を超えるらしいです。

犠牲者の方のご冥福をお祈りします。





馬頭星雲のモノクロカメラで撮った画像をカラー処理してみました。
まだまだ、未熟です。 画像処理は感覚的にしか解らず
数値での処理を理解していないことが一番の問題です。





d0073620_2075882.jpg




にほんブログ村 写真ブログへ 画像処理は理系が得意の方なら理解できるはず。私には難しい、、、。



Camera : QSI 583ws
Guide Camera : SBIG ST-402 C2
Telescope : TAKAHASHI FSQ-106ED
Other : EM-200 Temma2M


画像処理ソフト : StellaImage6、 Photoshop cs6
2013年 11月 04日
撮影システムはこんな感じです。
しらびそ3夜のうち晴れたのは初日の一晩だけでした。

今回撮ったのはご紹介したアンドロメダとプレアデス星団だけでした。
今後ノルマとして撮るのは勾玉、馬頭、薔薇の星雲です。


イメージサークルがフォーサーズサイズだと狭く感じるのですが
天体写真に関しても普段の写真同様、構図ががとても重要なことを教わり
特に、広く淡い撮影対象は画像処理時に改めて実感しました。


今回もしらびそに見えた方はすごい方ばかりで機材も半端ないスケールでした。
いろいろ勉強させていただきました。 しっかりとパソコンにメモってきましたが
撮影頻度を多くしないと天体撮影は上達しないことはわかります。



d0073620_15524120.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ 自宅だと、全くモチベーションが上がらなくて撮影する気にならないんです。



Camera Canon EOS-5D MarkII
2013年 11月 04日
プレアデス星団です。410光年。

Hα領域を表現したくてこんな構図で撮ってみました。

太陽質量の数十倍はある産まれたばかりの
かなり高温の巨星集団です。

今回のしらびそでは肉眼で6個ほど見えました。



d0073620_4152094.jpg



にほんブログ村 写真ブログへ ぽちっとお願いします。



Camera : QSI 583ws
Guide Camera : SBIG ST-402 C2
Telescope : TAKAHASHI FSQ-106ED
Other : EM-200 Temma2M


画像処理ソフト : StellaImage6、 Photoshop cs6
2013年 11月 04日
しらびそ高原から帰って来ました。

撮ったアンドロメダ大銀河を画像処理してみましたが、
イマイチ見栄えが良くないです。

素材は良いと思うんですが・・・。
画像処理が下手なんですよね。

2泊3日で晴れたのは初日のみ。


私の冷却CCDカメラはKAF-8300という
フォーサーズサイズのモノクロ830万画素なので
自分の天体望遠鏡でアンドロメダを撮影すると
全部が写りきりません。

是非、フルサイズチップの冷却CCDが欲しいですが
高額なので中々手が出ません。



d0073620_484649.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ 今夜は雨だったのでしらびそから帰ってきました。



Camera : QSI 583ws
Guide Camera : SBIG ST-402 C2
Telescope : TAKAHASHI FSQ-106ED
Other : EM-200 Temma2M


画像処理ソフト : StellaImage6、 Photoshop cs6
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon