夜空
yozorax.exblog.jp
Top ;Log-in
・・ <   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧 ・・
2011年 07月 15日
↓ は6月6日現在のパソコンと周辺機器の電気量と電気料金(目安)
d0073620_12421966.jpg


↓ は7月15日現在のパソコンと周辺機器の電気量と電気料金(目安)
d0073620_1243746.jpg


約40日使用(最近は特にデスクトップパソコンの使用頻度が低い状態)で752円。
1日平均18、8円。パソコンは2007年製 DELL XPS 710と周辺機器。800w電源。
個人的な感想としては800w電源のパソコンでも電気使用量はそこまで大きくないということ。
しかし、点けっ放しにしておいたらとんでもない使用料になるんでしょうけど、最近はなるべく
ノートPCを使用するようにしています。まぁ、大まかに見積もって最近1ヶ月のこのデスクトップの
電気料金は600円くらいなのかな。


<本題からズレますが コロナグラフ>
そういえば、少し疑問に思ったのですが、皆既日食の時に太陽のコロナやプロミネンスが見えるのを
子供のころからずっと不思議に思っていました。小学生のときに年配の理科の先生が日食のときでなくても
地上1,000m以下の井戸を掘って太陽を観測すれば肉眼でコロナが見られると教わり、暫く本気で信じていました。
井戸を掘っても見える太陽は乱反射した空気の層を通った太陽を見ていることになるのでコロナなど見られない。
では地上でコロナを観測するにはどうしたらよいか? 数年前に自分なりに考えてみたことがありました。地上で集光した太陽光を
反射のない条件で真空で太陽だけをマスクしてしまえば満月ほどの暗いコロナが観測できるのではないだろうか?
な~んて私のようなひよっこの考えですが。 ・・・ところで
最近のコロナグラフは太陽目当てだけではなく、太陽を除いた恒星にも使用されているとか。例えばこちらとか。
仕組みは私にはよくわかりませんが、最近の研究、撮影(機材)は凄いですね。

すばる望遠鏡のコロナグラフ 


にほんブログ村 写真ブログへ 頑張れニッポン!!

皆様のBlogにお邪魔できていません。すみません。時々お邪魔させていただきます。
2011年 07月 12日
ずっと悩んで困っていた事が今日解決に近づいた。
でも、今日は病院で計測した血圧の数値ががすごく高かった。
今日もエアロバイクで運動を続けよう。
夕飯はやっぱりオクラ&メカブ&納豆とつゆとポン酢とご飯を混ぜた物とヨーグルト。
お腹が膨れるし、結構美味しい。そして山芋なんかを混ぜたら満腹。

2007年→2011年の今朝。体重105kg→81kg、体脂肪は体組成計で35%以上→24%代。
ずいぶんと体が身軽になってきた。 そして、今日はココロも元気です。
ちょうど震災くらいから落ちていた気持ちが今日は一番最高な気分です。

続いてくれればいいなぁ。明日からも。異常に高いテンション。
高すぎるテンションは早く燃え尽きる。なんて言わないで。(/_;)
しかし、後押ししてくれるように素晴らし夕焼けが見えました。明日も晴れるかな?
写真は先ほど撮ったものを補正とか無しで、Photoshopでリサイズのみ。

d0073620_19301298.jpg
記事か写真かどっちがメインかわかりづらくてすみません。^_^;


にほんブログ村 写真ブログへ 私を支えてくださる色んな方々に感謝です。

皆様のBlogにお邪魔できていません。すみません。時々お邪魔させていただきます。


Camera : EOS-5D Mark II 
Lens : EF24-105mm F4L IS USM
Filter : Kenko C-PL
2011年 07月 03日
一年に一度の行事、初めて参加したCANP。講演内容はかなりコアなもので
私が理解できたのは33%以下。 天体写真の撮り方、画像処理等を
講師から教わる。 今回はなんとハワイ島ですばる望遠鏡での撮像、画像処理を
なさっている方の講義を聞くことができました。・・・あのう、私は冷却CCDカメラも扱える知識がない
講義内容はパソコンにメモをしましたが、質問やその答えに対しても全く理解できることがすくなかったです。

天体写真って難しい!!!と思ったのですが、集まった方々が天体写真のプロフェッショナルなので
私がついて行けるはずもありません。(笑) とりあえず今持っているQSI583WS+ミツボシの
オフアキを使える状態にしないと…。

懇親会でお隣の方がどこかで見たことのあるお顔だなと思ったら、アメリカカリフォルニアのSBIGの
国内代理店の代表的な方でした。 出席されている方々の天体写真に対するスキルの高さには
正直引きました。 アマチュア(プロも見える)の方とは言えやっぱりその道のプロフェッショナルだと感じました。

私が大好きなプラネタリウム番組のHAYABUSA BACK TO THE EARTHの製作者
上坂さんには昨夜深夜2時30分までお付き合い下さり感謝でいっぱいです。

英語のソフトを巧みに使う方は凄いと思います。英会話ができてもソフトは使えないんじゃないでしょうか。
むしろ、使用する単語を覚えればどなたでも使えるのでは無いかと思います。
でも、やっぱり日本ってちょと遅れているなと感じるところはあります。
天体画像処理等アメリカは凄いと思います。

私の感想は兎に角会場は凄い知識人が多いなぁと思いました。 私はもうちょっと学習が必要だと感じました。
今回参加された方々はほとんどが冷却CCDカメラを使用されているらしいです。
時間があったら私も使い方ぐらいマスターしたいです。
パソコンにメモったことを反芻して実践に生かせればスキルアップになるでしょう。
仕事でないアマチュアの私だっていい写真を撮りたいものです。(^m^)
オマケじゃないけどそろそろポトレ復帰したいです。

私はPhotoshop CS5はともかく、Stellaimage6、MaxImDL、CCDOPS等全く使えません。学習しなきゃ!!
因みにHST(ハッブル・スペース・テレスコープ)はCCDSharpとPhotoshopで主な画像処理を行うようです。
いつかはSIIやOIII等ハッブルカラーにも挑戦してみたいです。まだ、LRGB撮影さえ実現できていませんが。

余談ですが私のCPUは2006年製Intel EXTREMEX6800 デュアルCoreなのですが、第二世代の2600Kはお値段が
25,000円、現在は1/6で6倍の処理速度があります。画像処理は特にメモリに依存しますがベンチレートが5年で6倍
しかもおねだんも1/6、第二世代のCPUは魅力的ですね。でも、まだ第二世代EXTREMEが出ていないですよね。
半導体を従来の半分にしたIntel2600Kは凄いと思います。日本も量子ドット技術、進んでいるんでしょうか。
物質の最小単位でスイッチができる・・・量子ドットらいいですね。他の新興国に技術を流出させたらあかんよ。

追記です。
すみません、お礼を言うのを失念しました。
参加された皆様、
役員様、
プレゼンされた方々には感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。

しばらくの間、いろいろ行事がありましてブログの訪問やコメントが出来ないです。
ご挨拶したい方とか見えるのですが、少し後になってしまいまいそうです。
いつもいつも、すみません。


d0073620_2382278.jpg

d0073620_23135432.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ 補足ですが研究用途とビジュアル用途では画像処理が違うのはあきらかです。
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon