夜空
yozorax.exblog.jp
Top ;Log-in
・・ <   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧 ・・
2010年 08月 29日
クライスト・チャーチはニュージーランド南島最大の都市です。ニュージーランドの歴史上でも
古くからの歴史を受け継いでいます。 イングランドの統治下であったため、ネオ・ゴシック建築の
教会が残っています。 また、クライスト・チャーチのガーデニングは世界的に有名です。

南島最大の都市ということですが、南島の面積から考えると人口は38万人と決して多くはありません。
モナベール庭園は整備が行き届いていて、そのそばにあるエイボン川は、人口の割には
ものすごい透明度の高さに驚かされました。2004年に訪れた時のエイボン川の記事は こちら 。 



d0073620_0594487.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  写真はモナベール邸です。歴史には全く疎い私です。文面に間違いがあればご指摘ください。

More  写真は7枚です
2010年 08月 23日
私のブログが ラクダおやじ さんのお気に入りに入りました。 ありがとうございます。
ということで、ニュージランドは、クイーンズタウン市内で撮影した素晴らしい星空を紹介します。
総露出9分です。いくら真っ暗闇が実現するニュージーランドとはいえ、地上である限り
ISO2500、F2.8で一枚の写真で9分というのは非現実的であります。 露出オーバーになるからです。
ISO2500、F2.8、90秒露出を6回撮って加算合成した、写真画像を画像処理した写真になります。

星を追尾しているので、地上の風景は流れてしまいます。 地上の光源を見ると一目瞭然、
地上の光源が6つに分かれています。 インターバルとの間の時間はそれぞれ数秒なのですが、
人間の目ではそれが判るのが写真画像の凄いところです。(ちょっとマニアックですが)
同じ露出で6枚合成して、ダーク画像を1枚合成すれば広角レンズではこのような表現ができます。

もし、ニュージーランドでこんな写真を撮ってみたいという方、必見サイトをご紹介いたします。
ニュージーランド南島、クイーンズタウンで星空ガイドをしてみてえる方 (ラクダおやじ )さんが 
サザンクロス★スター ウオッチング ツアー を催行されて見えます。 
デジタル一眼レフ初心者の方で、ニュージーランド・クイーンズタウンで素晴らしい星空を堪能したい方、
こんな写真をデジタル写真として残してみたい方は、ニュージーランド旅行へ行かれる
機会があればお見逃さずにどうぞ。 撮影ではなく、星空ツアーの方も楽しめると思います。(^_^)


d0073620_232719.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  その後穏やかな日々が続いております。宇宙と較べればね。(^_^ゞ 

皆様のブログにお邪魔できていません。すみません。m(_ _)m


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 + EF24-70mm F2.8L USM / ケンコー ProソフトンAフィルター / TC-80N3 


< 共通撮影データ及び画像処理データ >
ISO 2500 90秒 F2.8 6コマ&ダーク画像1コマ コンポジット 追尾撮影 

画像処理ソフト : ステライメージ6、Photoshop CS5
・・ 大マゼラン雲 ・・
2010年 08月 21日
日本のどこからも見えない星雲* があります。 大マゼラン雲がそのひとつです。
とても大きく、肉眼で見える明るい天体なのですが、日本からは南の地平線の下にあります。
私たちの住む銀河系の伴銀河という位置付けになっています。
よく、アンドロメダ大銀河の写真を見るとそばに小さな銀河があります。
銀河系の外から見るとアンドロメダでいう、"銀河系のそばにある兄弟のような銀河" です。

*日本上空を除けば。(^_^ゞ

d0073620_18494097.jpg


< 天文に興味のある方はどうぞ >

先日、この大マゼラン雲の中に太陽の約265倍の質量の恒星が見つかりニュースとなりました。
現在の太陽を組成する物質は水素とヘリウムが97%を占め、主に水素やヘリウムが核融合反応を
起こしています。水素Hが核融合を起こすとヘリウムHeになります。 ヘリウムが核融合すると
酸素Oになり炭素C、鉄Feという核融合反応が起きます。水素やヘリウムを燃やしつくし、
酸素、炭素、鉄のような重い元素の占める割合が多くなってくると中心核の温度は高温になり、
太陽はものすごく膨張し、表面温度が下がります。赤色巨星と呼ばれる、恒星の最期の姿であります。
その後、太陽の8倍以上の質量がある恒星は超新星爆発を起こします。
(よく誤解されますが、恒星の質量と恒星の大きさは比例しません 恒星の年齢や条件によって大きさ、密度は異なります)

太陽の寿命は約100億年といわれています。現在の太陽の年齢は約50億歳、水素とヘリウムが太陽の
多くの組成物質を占め、あと50億年くらいの寿命だといわれています。 ところで、太陽よりもずっと重い
超新星爆発を起こすような恒星では中心核での核反応エネルギーが膨大で水素やヘリウムを短い時間で
消費してしまい、生まれてから数千万年で生涯を終えるといわれています。
これでは、たとえ、地球のような生物生存環境の惑星があったとしても時間的に生命は進化できにくく、
人間のような知的生命が存在しにくいのです。
幸い、太陽に似た質量の恒星は私たち宇宙全体では70%を占めているといいます。

ところで、今回のようにこの大マゼラン雲で見つかった推定、太陽の265倍の質量の恒星は理論的に
存在すらしないと思われて来ましたが、実際に見つかり、今後のアストロノミーの理論的な課題となりました。
 

にほんブログ村 写真ブログへ  昨日は久しぶりに愚痴を書いてしまいすみませんでした。宇宙からすればちっぽけな事ですよね。(^^)


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 + EF24-70mm F2.8L USM / ケンコー ProソフトンAフィルター / TC-80N3 


< 共通撮影データ及び画像処理データ >
ISO 12800 31秒 F2.8 3コマ&ダーク画像1コマ コンポジット 追尾撮影 

画像処理ソフト : ステライメージ6、Photoshop CS5
2010年 08月 21日
元の会社から出向で飛ばされて5年。 籍は元の会社のままの私。その出向先会社の一部の商品の
注文を受ける電話番号が昨日、変わったらしい。しかし関係各箇所に通知されていない。
商品の注文などで使われている電話番号。 それが私のところをはじめ、関係各箇所に通知がされていない。
自社の収入ダウンにも繋がること。 そんなこと、あらかじめ知らせておくのが一般の会社というものだろう。
出向先の会社の支店長のレベルが低すぎる。 私も昨日その電話番号に電話して通じないことを知った。 
注文先の主任に別の電話番号で、聞き電話番号が変わったかを聞くと確かに変わったのでお願いしますとのこと。

その後、支店トップ3から電話があり、電話番号が変わりましたとの連絡。・・・遅すぎる。
トップ3も電話番号が変わったことを今知ったとか。支店トップ2は変わることを伝える業務連絡を
送ったはずだけどという。 もちろん届いていない。 というか、取引先にも届いていないよ。
一体この会社の支店はどうなっているんだ。 もうちょっとしっかりして欲しい。

私は出向先の上司にボロクソに講義をした。 支店長は何をやっているのかと。
私の昇進試験は今年。 昇進はもうないものと思われる。

しかし、馬鹿さ加減にも程があるってものよ。(笑)
そんな会社の上司に私の評価をされたくないものである。

一昨日は関東から関西までコンピュータの通信のトラブルがあり、名古屋の私のところは一日中
大変な状態であったが支店のトップ2からトラブルに関するねぎらいの言葉もなく頭ごなしに別の件で
叱りの電話があったらしい。現場がどれだけ苦労したか、支店トップ2は現場長を経験しているのに
最初から頭ごなしに叱りの電話。私は激怒して現場長に報告。 昨日現場長は支店トップ2を叱った。
あんた(支店トップ2)は将来支店長、そんなんじゃ誰もあんたについて行かないよ。 
そんな低レベルの支店長と支店長トップ2、現場をもっと把握しろ! 田分け!!!

ただでさえ、天下りの馬鹿社員でストレスが溜まり、ブログの更新は愚痴になるのを抑えて
更新が滞っていましたがアホな支店に嫌気が差し、とうとう愚痴を書いてしまいました。

バカな商社、バカな社員、叱るのはもう疲れ過ぎました。
とはいえ、仕事のできる社員もいます。 そこは伸ばして行きたいところです。

m(_ _)m
by yozora_nagameyou | 2010-08-21 01:59 | 日常
2010年 08月 17日
移動中どれくらい眠っただろうか。 ニュージーランド南島最大の都市、クライストチャーチ市内に到着。
ニュージーランドの一般家庭にお邪魔して、軽食をいただくというツアーでした。 一般家庭とはいえ
裕福な家庭だと思います。 ご主人と奥様と息子さん、娘さんの家族構成。ご主人は弁護士だとか。
家中を撮影させていただきました。 娘さんにも挨拶をしました。でも、そのお部屋は撮れなかったです。(^_^ゞ



d0073620_18363247.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  娘さん、可愛かったですよ~。

More  写真は8枚です
2010年 08月 16日
ツアー旅行ながら夜は離団して現地ツアーさんをチャーターして星空写真の撮影を行っていたため
2日間の夕食を逃してしまいました。 今回のツアー旅行で食べた唯一の夕食です。
メインのサーモンは塩味がちょうど良い加減で美味しかったです。 地ビールも美味しかったぁ。




d0073620_0495821.jpg
d0073620_0501082.jpg
d0073620_0502466.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  (^m^)


< 昨日の日記 >
昨日は仕事前に行きつけの中華料理屋さんに行きました。白米を食べているうちに何か異物を発見。
よくみるとご飯茶碗の底にゴキブリが混入していました。 いつもお世話になっているお店なので
何も言わずに、いつものように『ありがとう』と残しお盆最後の忙しい仕事に就きました。

仕事が終わり、地元の最寄駅に着いて電車から降りた瞬間、顔に何かがぶつかりました。
直後にひどい臭いが・・・。カメムシが顔面に衝突しました。 臭いは未だ残っています。
何かの忠告ですかね。 知らないうちに何か悪いことを犯した罰なのか? 
家に着いてホっとしたところです。 これから夕飯です。A(^_^ゞ


Canon EOS-5D Mark II + EF24-105mm F4L IS USM 
2010年 08月 15日
最近はデジタル一眼レフカメラが高感度、低ノイズなのが当たり前のようになってきました。
もし、空の条件が最高に良いところで三脚に固定して、星が点として写る程度の30秒露出、
ISO12800で撮影実験してみました。 南半球でも光害の少ないところです。

<追記>
何を言いたいのか分からない文章でしたので補足を。
普通の機材(今回は改造デジカメ)で条件の良い星空で赤道儀などでカメラを追尾させず、三脚に
固定した状態でどれだけの素晴らしい恒星の写真が撮れるかという実験でした。現在のデジカメでは
高感度、低ノイズなどの高性能化により、予想以上の写真が撮れました。


撮りっ放し画像はこちら。
d0073620_031261.jpg







ステライメージ6で簡単な画像補正をしてみました。
d0073620_033658.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  皆さんはどちらの写真画像が好みですか?


皆様のブログにお邪魔できていません。申し訳ありません。
今日1日で仕事の山がひと段落します。(^_^ゞ


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 / EF24-70mm F2.8L USM / Kenko ProソフトンA / リモートコントロールTC80-N3
2010年 08月 12日
天体写真を撮り始めて数ヶ月、最近は撮影機会が無く撮っていません。(風景写真も撮っていませんが)
天体望遠鏡撮影で多くの場合、デジカメの感度設定をISO800に設定。しかし、撮影した画像は
対象天体の見えていない部分が多く、画像処理をして情報量の多い部分の諧調だけを取り出し、
更にそれを画像処理によって美しい写真に仕上げるのですが、14bitのA/D変換、4,096階調という
広いダイナミックレンジを生かしても、最終的にノイズが凄くのる。 なら、撮影枚数を増やして
それをコンポジット(画像を組み合わせる)すればノイズは相殺され、滑らかな画像を得られます。
ノイズ低減のため1晩中同じ天体を複数枚撮影するのも良いだろう。撮影とは別の日に、撮影時と
同じ気温と露出でダーク画像(カメラを暗闇で撮影して主にノイズを撮影する)を天体撮影枚数と
同じくらい撮影しておき、画像処理時にコンポジットしてノイズを相殺するのも効果的である。

人間というのは楽をしたい生き物、素晴らしい写真を撮るには実際に楽はできませんが、現在発売のデジカメの
4倍の諧調を持つ16Bit(16,384諧調)のカメラで、さらに撮像素子を外気温よりも-50度も冷却し、暗電流ノイズを
極限まで抑え、天体が放つ光の広い波長域を撮影できるカメラがあったらどうだろう。しかし、素晴らしい画像に
するには撮影時も画像処理にもデジカメよりも手間と時間が掛かり、必ずしも楽はできませんが
素晴らしい写真画像を比較的安易に、最終的に素晴らしい写真をもとめられるという意味では魅力的です。
しかも、光害地でも撮影できる。(私の自宅でも撮影可能) となれば、天体写真好きにはいいこと尽くめであります。

そんな夢の話はさておき、あらゆる素晴らしい光景を写真として手中に収められた時の感動は、次に写真を撮るときの
モチベーションに繋がります。他人が撮影された感動するような素晴らしい写真を観ることも良い刺激だと思います。
せっかくですから趣味だけにとどまらず、私は人生はモチベーションを保つことが重要だと思うようになりました。
そのためには楽しくなければなりません。 公私ともに楽しく出来るようにするのが私の目標です。

そんなわけで、雄大なウルル(エアーズ・ロック)をシャンパングラスに収めたときのことを思い出しました。
いろんな美しいものを手中=写真に収めたいですが、今現在、私のモチベーションが少々低いです。(笑)



d0073620_18365916.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  仕事でちょっとバテ気味です。(^^ゞ


Canon EOS-1Ds Mark II + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM 
 
2010年 08月 09日
旅行シリーズを復活させました。 ニュージーランド南島、テカポ湖という湖があります。
内陸部で、ニュージーランドでもっとも天気の良い場所とされています。
善き羊飼いの教会に到着したときは霜で一面真っ白でした。
残念ながら今回は早朝で教会内には立ち入ることが出来ませんでした。 

このツアー旅行はすべての行程において『食事付き』だったのですが、私は前日に最初で最後の
ツアーでの夕食をいただきました。 前の二日間の夕食は天体写真を撮っていて、夕食は
スーパーで買ったサンドイッチやカップラーメン、お肉とピノワールワインでした。(^_^ゞ
因みに最後の写真は朝食です。 スルーで結構です。A(^_^;




d0073620_22411531.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  ここでの星空も有名です。

More  写真は8枚です
・・ 逃した夏 ・・
2010年 08月 04日
知り合いに会うと暑いね~って言葉が挨拶代わりになるような暑い日が続きますね。
春に火山が噴火したから、今年の夏は地球全体で冷夏になると、初夏に私が勝手に
予想していましたが見事に裏切られました。

さて、梅雨が明けてさそり座にあるアンタレス付近は全天でも華やかな場所で、リベンジ撮影の
時期を見計らっていました。現在、自宅からのさそり座は早い時間に西に傾き、月が撮影の邪魔を
していました。どうやら撮影時期を逃してしまいました。この後の数日は月の出が遅くなり
天体写真を撮るには良い時期なのですが、世間はお盆で、私は仕事が忙しくなり、撮影は難しいです。

以前撮った写真画像ですが、以前は失敗だと思い込んでいましたが、私が目標としてた
アンタレス付近の華やかな美しい写真は、実は高価な35mmフルサイズ冷却CCDカメラで
撮影されたもので、市販の改造一眼デジカメでの表現は限界があるということでした。

なんだかいろいろ言い訳っぽいくなりましたが、過去に掲載の写真を載せます。
美しい写真とまではいきませんが、来年の撮影課題として楽しみにとっておきましょう。



d0073620_0284129.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  少なくとも失敗写真ではなかったということで、訂正です。(^_^ゞ


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 + Takahashi FSQ-106ED / EM-200  Temma2M / アイダスLPS-P2フィルター(M48)

画像処理ソフト : ステライメージ6、Photoshop CS4
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon