夜空
yozorax.exblog.jp
Top ;Log-in
・・ <   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧 ・・
2010年 01月 31日
写真のオリオン大星雲は、たかだか1,500光年離れたところで星ゞが新たに誕生する場所です。 
宇宙全体の質量は今後の宇宙の将来にとても影響を及ぼします。
写真のオリオン大星雲は宇宙で見えてない部分を近くの恒星によって照らし出されています。
そう、漂うガスは望遠鏡では恒星に照らされるか赤外線などの光を反射して(及び発して)いない限り
存在はわかりません。 
実は私たちが見えいている宇宙はごく一部で、宇宙全体の質量にすると10%にも満たないのです。
万物は重力を持っています。 宇宙の質量が多ければ脱出速度に対して、いずれは宇宙は中心に集まります。
ビックバンによる脱出速度が早く質量が脱出速度以下なら宇宙は広がり続け、燃え尽きるまで広がり続けるでしょう。
答えは、現在の科学でも解っていません。

この美しい星雲は今から1,000年以上前に発見されていたといいます。現在も肉眼で安易に見えます。
望遠鏡で見るとオリオン大星雲の中心に4つの”トラペジウム”が良く見えます。 写真では潰れてしまいます。



d0073620_21211249.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  写真的には自分の中では上手くいったつもりなのですが???

画像処理ソフト : ステライメージ6、Photoshop CS4


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 / Takahashi FSQ-106ED / EM-200 Temma2M / アイダスLPS-P2フィルター(M48) 
2010年 01月 25日
私たちの住む銀河からはるか離れた場所にある別の銀河です。 光の速度で約50,000,000年かかる場所にあります。
この光を発したときには人類は誕生していませんでした。 写真の銀河の多くが恐竜が滅びた直後くらいに発せられた光です。
写真画像にはいくつかの銀河が写っています。 その、一つ一つに太陽のような数千億個の恒星が存在します。
これだけ銀河があれば、私たちのような知的生命は存在するのを否定する方が無理があるのではないでしょうか?


d0073620_054634.jpg
d0073620_055872.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  大した写真じゃないかもしれませんが、私にとってロマンを感じる光です。

画像処理ソフト : ステライメージ6、Photoshop CS4


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 / Takahashi FSQ-106ED / EM-200 Temma2M / アイダスLPS-P2フィルター(M48) 
2010年 01月 22日
堅苦しいブログ記事に、ちょっとブレイクタイムです。 JUNさんの笑顔で和んでください。

前回の記事、とてもわかりにくかったと思います。 後から読んで自分自身でも理解に苦しみました。
天体写真を伝えるにはわかりやすい記事が重要です。 自分だけ解ってても仕方がないですから。
写真を楽しむ記事として楽しんでいただけるようになるべく文章に工夫します。


d0073620_21195761.jpg
d0073620_21201268.jpg
d0073620_21202718.jpg
 

にほんブログ村 写真ブログへ  いろんな意味で写真で伝えることをを目指して!

Canon EOS-5D Mark II + EF 24-105mm F4L IS USM 
2010年 01月 20日
この星雲は目では見えない、Hα(エッチアルファ)という光を多く含んだ光で肉眼では見えません。
望遠鏡で見ても数個の星が見えるだけで真っ赤な星雲を裸眼で見ることが出来ません。
Hαを良く通すように改造したカメラでもISO800で150秒くらい露出をかけると赤であることがやっと確認できます。
人間の目では見えない宇宙の神秘を写真という表現でする楽しさを感じる星雲でした。

目で見えない美しいものを写真で表現する楽しみがあります。 氷点下10℃で長い時間頑張った甲斐がありました。
自宅に帰ってから画像処理、ひとつの天体を画像処理するにはバッチ処理も含めて1時間くらいかかりました。


d0073620_23104864.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  機材と画像処理ソフトに感謝。

More マニアックなお話はここから
2010年 01月 18日
スター☆パーティから無事帰還しました。 昨夜から今朝までかなりの長い時間撮影していました。かなりの寝不足。
撮影の時間よりも悪戦苦闘してる時間のほうが圧倒的に長かったです。 甲斐あり今までの天体写真から一皮剥けた
天体写真が撮れました。 とはいえ、赤道儀 (EM-200 Temma2 M) の調子が悪く数時間前に宅配にてドック入りしました。


d0073620_1993053.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  総露出時間35.1分です。 150秒×2、301秒×2、602秒×2を加算平均でコンポジット。

SO800 F5  画像処理ソフト : ステライメージ6、Photoshop CS4


Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 / Takahashi FSQ-106ED / EM-200 Temma2M
2010年 01月 17日
昨夜、深夜ですがスタパに到着しました。 短い時間ですがお世話になります。
時間が遅いのでカメラレンズで固定撮影。 撮影する前は下界は雲海で条件が良かったのですが
私が撮影した時には雲海がなくなりかけていました。 しまったぁ、お酒タイムを惜しんですぐに撮影をするんだったぁ。(^_^ゞ


d0073620_12374385.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  撮影前まで雲海で下界の光害は遮られていたのに・・・。


Canon EOS-5D Mark II + EF24mm F1.4L USM / Kenko ProソフトンA / リモートコントロール TC-80N3
2010年 01月 14日
子供の頃、自宅では今よりもずっと暗い夜空が見えました。 夏の天の川が雲のように見え、星を眺めるたびに
感動を憶えたものです。 宇宙はなんて美しいんだろう! って。 月などをを観るために数百円の望遠鏡で
眺めていました。 しかし、ついに小学5年生にして屈折望遠鏡をお年玉を数年貯めて購入。
赤道儀を天の北極に合わせることなど知らず、適当に土星などに合わせて楽しんでいました。

小さい頃から見ていた星空、意味も理解できないのに小学生の頃から天文ガイド誌を購読し、美しい写真を観て
望遠鏡で見た映像と自分の中で合成した美しい天体像を妄想していた時期がありました。

実は子供のころは想像力が豊かで自分の想像した天体映像に感動して涙を流すことがありました。
この感動を皆に伝えたいと思っていましたがその夢は叶わずに数十年が経過。← 大げさかも? (^_^ゞ

その夢はデジタル機材によって実現できるのかも? いや、実現してやる! って強く思っています。
天体写真の面白いところは撮ることはもちろんですが、画像処理は必須で個性の出るものだと思っています。

自分なりに納得いくクオリティの天体写真が撮影できて、写真として皆さんに観ていただきたいです。
まだ、今のところは手の届かないところにある目標であります。 マイペースで自分の想像した
天体写真に近づいていきたいです。



d0073620_18562592.jpg
イメージは強いんですが、中々難しいです。
d0073620_18564525.jpg
星の宿、スター☆パーティで美味しいものをいただいてまったりと過ごすしたあとに満点の星空、、、最高の癒しです♪


にほんブログ村 写真ブログへ  至福の時間、早く味わいたいです♪

Canon EOS-5D Mark II + EF24-105mm F4L IS USM / SIGMA15mm F2.8 EX DG Diagonal Fisheye / Kenko スカイメモR / リモートコントロール TC-80N3
・・ うずうず ・・
2010年 01月 13日
かれこれ1ヶ月近く天体撮影をしていません。 年末年始の忙しい時期を乗り切ったのですが
天体望遠鏡とPCとの接続が上手くできませんでした。 望遠鏡ショップさんに修理をお願いしてて
復帰が完了して、私自身も接続を確認したところ、本日赤道儀との接続が出来たのを確認しました。
今年は自分自身で納得できる天体写真が撮りたいです。 今からうずうずしちゃってます。

写真画像は冬の天の川(銀河系)と、中央上部にはお隣の銀河、アンドロメダ銀河が写っています。
(お隣といっても光の速度で230万年の距離にあります)
私たち銀河系は50億年後、アンドロメダ銀河と衝突する可能性がとても高いようです。
現在、銀河同士が毎秒400kmくらいの速度で近づき合っています。
50億年後には太陽の寿命を迎えるといわれています。 赤色巨星になって人類が存在しても
地球には住めません。 そのとき、人類が存在したら火星が住みやすくなってるかも? (笑)


d0073620_17215324.jpg
皆様のブログへはマイペースで訪問しています。 ゆっくりとコメントしていきますのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 写真ブログへ  美しい天体を妄想して浸っている私。(^_^;

Canon EOS-5D Mark II + EF 24mm F1.4L USM / Kenko Pro ソフトンA / リモートコントロールTC-80N3
2010年 01月 09日
11月18日にスター☆パーティで観た、しし座流星群を合成した画像です。
流星群の位置は合成によるもので正確な位置ではありません。
また、恒星もすべてのものが正しい位置ではありません。 そのため
この写真で新しい星をみつけても発表できません。 あしからず。(^_^ゞ

画像処理の方法は簡単で独自です。 Photoshopで流星の写っている画像をすべて開き、流星の
写ってる範囲以外をマスキング、画像を重ね合わせる。その後、Photoshopの比較(明)で合成しました。
違和感なく仕上げるには多少の技術が要りますが、流星の位置はある程度適当ですみませんです。(^_^;;



d0073620_22164464.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  次回は赤道儀を使って魚眼で撮影したいです。

Canon EOS-5D Mark II & Canon EOS-5D Mark II SEO-SP2 + EF 24mm F1.4L USM / EF24-70mm F2.8L USM / Kenko Pro ソフトンA / リモートコントロールTC-80N3
 
2010年 01月 08日
皆様、新年のご挨拶をたくさんくださりありがとうございました!
遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます☆
今年もよろしくお願いいたします。

仕事、案件などいろいろありましてブログをお休みしていました。
今年は私にとってとても忙しい年になりそうな予感がします。
マイペースでやっていきますのでよろしくお願いいたします。


d0073620_22513830.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ  体力的に余裕がなくてすみません。

More  写真は5枚です
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon